トピックス

IPF2017 国際プラスチックフェア 出展報告

2017年11月06日

2017年10月24日(火)~10月28日(土)の5日間、幕張メッセにて開催されましたIPF2017国際プラスチックフェアに、
宇部興産機械株式会社とU-MHIプラテック株式会社は2社の融合をテーマに、共同出展させていただきました。

両社の融合により誕生しました射出成形機の新ブランド”UM”の新機種”UM-HHシリーズ”の発表と、実物の成形機
操作パネル (MAC-Ⅸ)を展示して操作性・視認性をご確認いただきました。IoT新機能につきましては、ブースと
U-MHIプラテック株式会社の名古屋工場、さらにはIoT技術でご協力いただいておりますファナック株式会社様ブース
の成形機とインターネット接続して、稼動状況の遠隔監視を実演いたしました。

ソリューション技術実演コーナーにおいては、新開発の小型射出ユニット(プチ射出®)と株式会社放電精密加工研究所様
の竪型油圧サーボプレス機を用いた金属-樹脂ハイブリット成形技術による、軽量化ソリューションをご提案をさせて
いただきました。

また、宇部興産グループコーナーにおいては宇部興産株式会社から燃料電池車の水素タンクに採用されているガスバリア性に
優れたナイロン樹脂や、宇部マテリアルズ株式会社から無機繊維フィラー材料「モスハイジ」を紹介させていただき、
期間中、多くのお客様にお立ち寄り頂き盛況のうちに終えることが出来ました。

今後共、弊社ならびにグループ会社の樹脂成形ソリューション製品へより一層のご愛顧をいただけますよう、宜しく
お願い申し上げます。

ブース来場風景

みなさまのご来場ありがとうございました。